1歳息子の寝かしつけ中に毎日繰り返される儀式〜寝かしつけにかかる時間【やり取り再現】

スポンサーリンク

今日は19時過ぎにタチャンが寝てくれて、テンションあげあげのゆうちきです。

ここから!わたしの自由時間!だ!

さて、ここのところ寝る時に必ず息子とすることがあるのでメモ。

寝かしつけはちょっと大変だけど、好きな時間です(わたしも寝かしつけられること多々あるので、それが辛い。自分時間も欲しい。)。

登場人物紹介

タチャン
タチャン:息子(1歳6ヶ月)
ゆうちき
ゆうちき:タチャンの母
  

儀式1『コール&レスポンス』

タチャン
マーマ
ゆうちき
はーい
タチャン
まぁま
ゆうちき
はぁい
タチャン
まっま
ゆうちき
はっい
タチャン
まま(コソコソ)
ゆうちき
はい(コソコソ)
タチャン
マーマー!
 
ゆうちき
はーいー
 




約30分エンドレス

ここ1週間位ずっとこんな調子で、これが終わらないと寝る雰囲気になりません。

やっと「ママ」と言えるようになって嬉しいんですかね?ママも嬉しいですよ(照)

そしてすっごく不思議なんですが、こっちがコソコソ小さい声で話すとタチャンも合わせて小さい声で話してくるんですよ!

そして大きい声で話すとそれにも合わせてくる。

空気読むというか、周りに合わせるっていうのが1歳にして出来るんだなって感心します(真似してるだけと思うんですけどね)。

儀式2『これなぁに?』

タチャン
(自分の鼻を触る)
ゆうちき
はーな
タチャン
(ゆうちきの鼻を触る)
ゆうちき
ママのはーな
タチャン
(自分の目を触る)
ゆうちき
タチャン
(ゆうちきの目を触る)
ゆうちき
ママの目
 




鼻・目・口・ほっぺなど顔のパーツを2〜3回リピート

もうウトウトと眠そうな様子になってからこの儀式は始まります。

顔のパーツを触っているうちに眠そうに目をこすって寝るというのがパターン。

息子が寝る時間と寝かしつけにかかる時間

1歳半現在はだいたい7時半〜9時の間に寝て、ほとんど目を覚まさず翌朝7時前に起床します。

昼寝は1日1回、1時間前後。午前だったり午後だったり決まってません。

就寝時間はその日の昼寝の時間によって前後しますが、起床時間はほぼ毎日同じ。

眠くなると頭と手がポカポカと温かくなって、目をこすって、二重の幅が広くなるのですごくわかりやすいです笑

寝かしつけにかかる時間は30分から1時間で、腕枕でゴロゴロする息子に付き合います。

おわり

育児メモということで・・・

寝かしつけって1日のうちで息子とゆっくりコミュニケーションを取れる、限られた時間なのです。

日中はね、子どもにばかり注力できなかったりしますけど、濃密な寝かしつけタイムです。

この時間でわたしは幸せを補充して、幸福感に満ちた1日となります。

【参考】

今は寝かしつけにあまり時間がかからず、ほとんどグズるわけでもないからこんな風に考えられるのかなぁとも思うので、今をしっかり噛み締めます!

では、また。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です