妊娠中から授乳中までOKの下着はコレ!UNIQLOのブラトップが最高です

スポンサーリンク

b5676565-s

こんにちは、ゆうちきです。

みなさんUNIQLOのブラトップって使ったことありますか?

わたしは存在は知っていたものの、普通にブラジャーで不便していなかったので使ってみようと思ったことはありませんでした。

しかし妊娠中に身体がいろいろと敏感になり、ブラジャーのワイヤーが苦痛になったり、部屋着でも乳首が擦れるのが痛くてTシャツ1枚で着れなくなったりしました。

そんな時に他の育児ブログでマタニティ下着としてもUNIQLOのブラトップがオススメされているのを見て、試してみたところとにかく最高でした。

息子が1歳になった現在も手放すことが出来なくなっているUNIQLOのブラトップのオススメポイントをご紹介します!

UNIQLOブラトップとはいわゆる「カップ付きインナー」のこと(でも違う!)

 135064_sub2_popup
引用元:UNIQLOオンラインストア

こちらがUNIQLOのブラトップの着用写真。

普通のキャミソールのようですが、伸縮性のある素材(95% 綿, 5% ポリウレタン)で出来ていて、胸の部分にカップがついています。

春夏用は「エアリズム」という吸水性が高く滑らかな素材のもの、秋冬用は「ヒートテック」という発熱・保温・保湿などをしてくれる素材のものなど、季節に合わせた特性を持つ商品も販売されています。

値段は週末限定価格などのセール時で1,280円(税抜)、通常価格で1,990円(税抜)で購入することが出来ます。

ブラトップが他のカップ付きインナーと違う点、マタニティ下着としての魅力をご紹介します。

ブラトップの一体何が最高なのか?

ブラトップは妊娠、授乳に関わらず使い心地が良いなぁと思うのですが、今回はとにかく「妊娠中」「授乳中」に的を絞ってオススメポイントをまとめてみたいと思います。

まず、両方の時期に共通する快適ポイントからご紹介。

  • ブラのワイヤーなどの不快感がない!
  • 母乳パットも簡単に付けられる
  • 夏には涼しく、冬には暖かい(それぞれの時期に適した素材のものが出ている)
  • デザインが豊富で、下着としても普通のタンクトップとしても着れる
  • 実はホールド力が強い
P1020067

裏返すとこの通り、胸の下にしっかりとゴムの支えがありカップがついています。

このカップの部分に母乳パットをつけると、カップで包まれて下のゴムでしっかり押さえてくれるのでズレにくいのです。

わたしは妊娠中から分泌液が出ていたので、このカップがつけやすいというのもとても助かりました。

ブラトップのカップ自体がしっかりしているので、つけるのは使い捨ての母乳パットがオススメです。

こういう形がしっかりしたタイプだと、ブラトップのカップとの相性が悪くモコモコしてしまいました。

それでは、妊娠中と授乳中それぞれの快適ポイントです!

妊娠中の快適ポイント

  • ブラカップ部分が敏感な乳首を保護してくれる
  • キャミソール・タンクトップタイプなのでお腹まですっぽり包んでフィットする(冷え防止)
  • 胸の下の汗を吸収してくれて不快感軽減!(夏場の妊婦は特に重要ポイント)
  • 伸縮性が高いので、妊娠初期から妊娠中までほぼサイズ変更なしで着れる

妊娠中はいろいろと身体に変化があって、Tシャツを着ていて擦れるだけでも乳首が痛くなってしまっていのですが、ブラトップを着るとカップ部分が保護してくれるのでかなり助かりました。

また妊娠中は冷えが大敵なので、ブラトップのお腹を包み込むような伸縮性も心地よかったです。

そしてわたしは6月〜9月が妊娠後期で、暑い中お腹が大きい状態だったので「とにかく暑い!汗が気持ち悪い!胸と大きくなったお腹の間の汗がすごい!」とかなり不快指数の高い夏を過ごしておりました(汗が気持ち悪くて一日になんどもシャワーするほど)。

そこで救世主となってくれたブラトップ。エアリズム素材ならさらさらと涼しく、胸とお腹の間の汗も吸ってくれました。

サイズについては妊娠初期に通常のMより1つ大きなLサイズを購入し、さすがに妊娠後期にはお腹の部分がキツくなってしまいLLサイズを購入しました。

しかし出産してみると「思ってたよりもお腹が縮まない・・・」という時期があったので、産後の数ヶ月もLLサイズを着用。

妊娠初期のつわりが辛い時期は締め付けが少ないほうが症状が軽減されるので、最初からLLサイズでも妊娠初期〜授乳期まで対応できたんじゃないかなと思います。

妊娠前後での体重増加は増えたら戻る?の記録

授乳中の快適ポイント

  • ブラトップを脱ぐこと無く授乳が出来る!
  • 形を選べば授乳ブラよりもホールド力がある
  • 赤ちゃんが胸の上に乗って動くなど、突然の衝撃から胸を守る!

ブラトップを脱ぐこと無く授乳が出来るという、ホントにこの楽さにつきます。
伸縮性が高いのでブラトップをペロッと下にずらせばそのまま授乳できてしまうのですよ!

ブラトップは「授乳ブラより楽なのに授乳下着としての役割も果たしてくれる」のです。

授乳ブラは安いものもありますが、安いものは本当にただの布のよう・・・

胸を支える力もなく、胸を保護する役割に関しても弱小です。そしてしっかり支えてくれるものは、授乳期間中しか使えないのにかなり高額ですよね。

しかし!ブラトップならサイズアップした胸を支えることも可能です!

09_166786
引用元:UNIQLOオンラインストア

ブラトップにはタンクトップ・キャミソール・Tシャツ・ワンピースなど様々な形がありますが、その中でも背中部分がクロスの形になっている「ハイバックブラキャミソール」「レーサーバックタンクトップ」というシリーズならホールド力も抜群なんです!

通常の胸下のゴムだけでなく、肩の部分も胸を支える力が強いのでグッと持ち上げてくれます。

実際わたしもキャミソール、タンクトップ、ハイバックブラキャミソールと使いましたが、ハイバックのホールド力はブラジャーをつけている時と遜色ないなと感じました。

キャミソールやタンクトップは楽なんですが、シルエットが出やすい服装だと少し胸が低く見えます(わたしはそれほど気にしていませんでしたが、胸が垂れるの気になる人は気になるかも)。

そして以外と嬉しいのが赤ちゃんからの攻撃予防

うちの息子はわたしが寝ていると突然上に乗ってきたりするのですが、その時にブラトップをしていないと胸が衝撃で母乳は出るは傷みはあるはで結構大変でした。

寝る時はブラジャーをしない派だったので、ブラトップなら安心して寝ることが出来ます笑

まとめ

長くブラトップへの愛を語ってしまいました。

だって、今までの下着の価値観変わるほど使ってみたら楽だったんだもの!

あえてデメリットを言うとしたら、楽すぎてブラジャーに戻れなくなってしまいました(すでに授乳も終わっているので、もうブラジャーに戻るべき時なはず・・・)。

でも、妊娠中や授乳中はただでさえ身体の変化が激しくて、精神的にも不安定になることが多いので快適にできるところは最大限快適にして楽しく過ごして欲しいと思います。

それでは素敵なマタニティ、授乳ライフをお送りくださいませ!

では、また。

UNIQLOオンラインストア
ブラトップ一覧

つわりがひどい、母乳育児を目指したいママへ

つわりで辛い妊娠初期、先輩ママさんに教えてもらった「たんぽぽ茶 」。

「赤すぐ」や「たまごクラブ」などの育児雑誌にも紹介されているので、目にしたことがあるママは多いのではないでしょうか?

たんぽぽ茶」は妊娠中から授乳中まで不足しがちな鉄分、カルシウム、ビタミン(B2、C)を補足することが出来て、母乳育児の協力助っ人です。

わたしは1人目の妊娠中が夏だったので、水分補給も兼ねて妊娠中期から毎日飲んでいました。

「たんぽぽの根のお茶っていったいどんな味なの?」と想像がつかなかったのですが、飲んでみたら黒豆の風味で香ばしく飲みやすかったです。

ゆうちき
ノンカフェインを気にして麦茶ばかり飲んで飽きていたので、「たんぽぽ茶 」の香ばしさは嬉しかった!

ぜひつわりで辛い、母乳育児に不安があるママさんは見てみてくださいね。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です