その他

上新粉、白玉粉、だんご粉の違いは何?作りやすさ、固さ・食感などを比べてみた

家でお団子をつくって山ほど食べたい!と思ったのですが、粉の種類が

  • 白玉粉
  • 上新粉
  • だんご粉

といろいろあって、どれで作ればいいんだろう?と悩みました。

ゆうちき
ゆうちき
せっかくだから全部作って比べてみよう!

ということで、白玉粉・上新粉・だんご粉を、作りやすさ・固さ・食感などを比較してみました。

白玉粉・上新粉・餅粉・だんご粉の違い

だんご比較
粉の名称 原料 性質 基本の使い方 使用用途例
白玉粉 もち米 粒子が細かく、だんごに使うとつるっとなめらかな食感になる。冷やしても固くならない。 水を加えて混ぜ、成形し、お湯でゆでる 白玉、だんご
上新粉 うるち米 熱湯を加えて練ると餅のような歯ごたえのある食感になる。 お湯で練り、一度蒸してつき、成形する 柏餅、ちまき
もち粉 もち米 キメが細かくなめらかな生地になる 水を加えて混ぜ、成形し、お湯でゆでる 大福(求肥)、ケーキやどら焼きの生地にまぜる
だんご粉 うるち米・もち米 コシが強めのだんごになる。柔らかくなりすぎない。 水を加えて混ぜ、成形し、お湯でゆでる だんご

引用元:白玉粉・上新粉・もち粉・だんご粉の違いと代用について – クックパッド料理の基本

それぞれの粉の大きな違いは、原料・使い方・仕上がり・値段が変わってきます。

それぞれの粉の特徴を詳しく説明します。

上新粉

  • 250g/135円(一番安い
  • うるち米100%
  • ぬるま湯を入れて混ぜて、茹でる、冷水で冷やす
  • さらさらとした片栗粉のような手触り
  • 食べたらご飯って感じ(普通の白米と同じ原材料だからね)
  • 舌触りはザラザラ
  • お湯を入れて混ぜる時まとまりにくい
  • 焼いた方が美味しいかも
  • お団子屋さんの団子っぽい感じ
  • 食べ応えがある

上で紹介したクックパッドの記事で、上新粉での作り方は「蒸す」と書いてましたが、今回購入した粉に書いていた作り方は「ぬるま湯を入れて茹でる」だったのでそちらに合わせました。

しかし作ってみるとザラザラとした食感で、蒸してついた方が食感は良かったかな?という印象です。

白玉粉

  • 200g/198円(一番高い
  • もち米100%
  • ぬるま湯を加えて混ぜて、茹でる、冷水で冷やす
  • 粉はごそごそとした粗い感じ
  • 出来上がりはちゅるんちゅるん
  • ツルツルだからみたらしが絡みにくい
  • 上新粉、だんご粉とは全く違う雰囲気
  • 冷やしても美味しい

わたしは白玉がちゅるちゅるしていて一番好きでした。

今まで自分で何が好きかわかっていなかったけど、わたしが好きな白い丸い団子は白玉だった!

和風パフェ

和風のパフェに入っている白玉が大好きです。

だんご粉

  • 250g/155円
  • うるち米ともち米の合わせたもの
  • お湯で混ぜて、10〜15分蒸し、すり鉢などでつく(一番めんどう
  • 片栗粉のようなサラサラの粉で上新粉よりも、まとまりやすい
  • ムニュムニュで、一番柔らかい(蒸して温かいまま形にするため)
  • みたらしが絡みやすい

スーパーなどで3串100円で売っている団子と同じような食感です。

でも温かいままだと、それがもっと柔らかいような感じ。

自宅でお団子をつくれる粉を比較したまとめ

コスパ

1位上新粉、2位だんご粉、3位しらたま粉

もち米の方がフツウのお米(うるち米)よりも高いんですね!

食感(個人の好み)

1位しらたま粉、2位だんご粉、3位上新粉

舌触りがいい順です。

作りやすさ

だんご粉だけ大変。上新粉も茹でた後についた方が美味しそうだったので、簡単なのはしらたま粉かな?

まとめのまとめ

わたしの好きなのはしらたま粉でした!

祖母が上新粉としらたま粉を混ぜて作っていたので、今度それも試して追記します。

ではまた〜。

ABOUT ME
ゆうちき
ゆうちき
2児の育児をしながら『大変なことも楽しく』をコンセプトにブログ運営中。好きなモノはコーヒー牛乳とK-POP。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です