冬〜春生まれの出産準備品リスト(入院準備・産後必須・必要に応じて買い足す・代用可能なもの)

出産準備リスト

スポンサーリンク

こんにちは!元気、のんき、陽気なママブロガーゆうちきです。

出産準備って皆さんどうしてますか?

一人目の時は育児雑誌を見て入院準備や出産準備をしていたのですが、「これ買っておけば良かった!」というものや「全く使わなかったな・・・」と思うものがいろいろとあったのです。

そこで今回は、冬〜春生まれの出産準備品を「入院準備」「産後必須のもの」「産後必要に応じて買い足すもの」で分類して、必要最低限の出産準備品リストを作ってみました!

わたしが実際に準備していて「これいるの?これ何に使うの?」と困ったものを中心に、家にあるもので代用できるものも最後にまとめました。

ゆうちき
主に二人目出産のために今回準備したものですね!

入院準備

基本的な入院準備品は産院からもらうパンフレットなどに出産準備リストとして載っていて、かつ病院から出産祝いとしてもらえるものもあります。

参考にわたしが病院でもらったリストも載せますが、この基本の持ち物に加えて「これあって良かった!(あったら良かった)というものを重点的にご紹介します。

病院からもらう基本の入院準備リスト例

入院の手続きに必要なもの

  • 診察券
  • 健康保険証
  • 母子手帳
  • 印鑑

入院生活に必要なもの

  • 丈の長い前開きのパジャマ(産後直後にズボンを脱ぐことがあるため)
  • 着替えのパジャマ2、3枚
  • 下着(授乳用ブラジャー、産褥ショーツそれぞれ2、3枚)
  • 洗面用具
  • タオル(シャワーに入る時、日々の洗顔等で使う)
  • 授乳用ガーゼ(5〜10枚、授乳のたびに使うので多めに)
  • BOXティッシュ
  • 母乳パット(家に帰ってからはタオルで代用可能)

退院時に必要なもの

  • 退院時のママの洋服
  • 赤ちゃんの洋服
  • おくるみ

出産祝い品として病院が用意してくれている場合もあるので、リストまたは産院に要確認です。

入院中あったら便利だったもの

ペットボトル用ストロー
さぁこれから陣痛と戦うぞ!という時に水分補給を助けてくれるのが「ペットボトル用ストロー」です。

陣痛を流しながらわずかな合間をぬって水分を取るので、

  • ペットボトル直接は寝っ転がっていたり体制的に難しい
  • 紙パックは力が入りすぎて爆発!
  • 缶やコップは溢れる可能性が・・・

ということで、フタも閉められてかつストローで寝たままのめる「ペットボトル用ストロー」が便利なんですね!


蒟蒻ゼリー、ウィダーインゼリーなど小腹を満たすもの
出産が終わり授乳が始まるととーってもお腹が空きます!病院によっては夜食でおにぎりが出るところもあるくらい、出産・授乳にはエネルギーがいるんですね。

わたしは病院のご飯だけではお腹が空いてしまって辛かったので、蒟蒻ゼリーなどの小腹を満たすものを買っておけば良かった!思いました。

この時食べるものによっては母乳がつまりやすくなってしまうので糖分があまり多くないものがオススメです!

完全母乳育児のとき乳腺炎になった食べ物・解消法・痛みの対処法


飲み物
授乳をしているととにかく喉が乾くのですが、病院によってはご飯の時のお茶しか水分がもらえないことがあります(うちの病院がそうだった)。

入院してみないと意外とわからない部分だと思うので、入院前には多めに飲み物を用意しておくのが吉。

そして病院の売店や自販機で買うとかなり割高になってしまっていたので、わたしは家から大量のお茶をペットボトルなどで持ってきてもらいガブガブ飲んでいました!

飲み物は多くても困ることはないし、喉が乾くとただでさえ出産で疲れた身体が辛くて辛くてしょうがなかったので結構重要だったなと思います。


上着
病院からもらったリストに書いていないので意外と忘れがちですが、夏でも冬でもパジャマの上に着るものはあった方がいいです。

乳腺炎で熱が出て寒気が、病室が自分の好きな室温と合っていない、御見舞の人が来てくれた時にサッと羽織るなど使い道はいろいろ!


付き添いの人の暇つぶしのもの
陣痛の最中パパさんに付き添ってもらっていましたが、正直付き添いの人は暇です!(産む本人は大変なんですが・・・)

何時間も何時間も陣痛は続いて、付添の人が出来るのは飲み物を取ったり腰をさすったりという細々した作業だけ。

さらに産んですぐとか、妊婦が診察している最中とか合間合間に暇な時間があると思うんですよね。

だから本とか暇を潰すものはあっていいんじゃないかな!(ただし、自分が痛みと戦っている最中に暇つぶしされたくない人は注意!場合によっては超イラッとするかも!笑)

我が家はわたしが陣痛の波で痛みがない時、パパさんは優雅に読書しておりました・・・(痛い時はさすってくれた、けど、ね!)

産後必須のもの

赤ちゃんの衣服(ベビー服)

赤ちゃんの服って種類がかなり多くて「短肌着」「長肌着」「コンビ肌着」「兼用ドレス」「カバーオール」など、どれが何の役割なの!?って感じです。

サイズも50〜あるブランドと60〜しかないブランドと・・・

基本は「短肌着」を着せて上に「長肌着」を着せるのですが、

短肌着長肌着

こんな感じで足とオムツが丸出しになるんです。

まだ赤ちゃんがあまり動かないうちはオムツも替えやすくていいのですが、ちょっと動くようになると服がどんどん上にずり上がる!

結果我が家ではこの「長肌着」「短肌着」などはほとんど使わず、ユニクロのクルーネックボディ60サイズばかり着せていました。

ユニクロクルーネックボディ

半袖の60でこのくらいのサイズ感(息子は48センチ、2994g)。
ユニクロクルーネックボディの素晴らしいところは、

  • ボタンで着脱が簡単
  • 柔らかい
  • デザインが可愛い
  • お手頃価格

という感じです。「短肌着」「長肌着」は紐で結ぶデザインが多く。ほどけやすいのもあまり使わなかった理由です。

冬場はクルーネックの長袖の上に、ユニクロのカバーオールを着せていました。

50サイズのものも買ってましたが、産後1ヶ月で着れなくなるので標準サイズの赤ちゃんなら60で十分と思います!

あとは、下記があれば大丈夫。

  • 靴下(出産祝いでもよくもらう)
  • ベビーハンガー

出産準備リストでいらなかったもの≪9月生まれ洋服編≫

基本的な消耗品

赤ちゃんのお世話をする中でも日々消費してなくなっていくものをまとめました。

  • 赤ちゃん用綿棒(おへその消毒、鼻・耳の手入れ等)
  • ベビーオイルorベビーローションなどの保湿剤(3歳までは保湿が必須!)
  • おしり拭き
  • ベビー用ソープ(1つで十分。1本使い終わるころに、赤ちゃんも使える弱酸性ビオレに切り替えたよ!)

おむつ
布おむつ、または紙おむつどちらか決めて準備が必要。

布おむつの場合、布おむつ30枚〜50枚とおむつカバー3〜5枚。(新生児はおしっこ、うんち共に1日に10回〜20回ほどするので多めに)。

紙おむつの場合、新生児用はだいたい1週間に1パックなくなるので、多めに準備しておいても大丈夫。最初はどのメーカーのものが自分の赤ちゃんに合うかわからないので、各メーカーがくれる試供品で試したり、1パックずつ買って比較したりするとよい。

産院で使っていたもので問題なかったならそれを買うのも手です。新生児用は〜5キロくらいまで使えるので、だいたい生後1ヶ月半〜2ヶ月くらいまで使う目安。


おしり拭き(ウェットティッシュ)のウォーマー
冬生まれはウェットティッシュが冷たくて赤ちゃんがびっくりしてしまうので、ウォーマーもあるとベターです。(でもお湯で毎回濡らしても代用可能だよ!めんどうでなければ・・・)

その他必須のもの

  • 爪切りハサミ(赤ちゃんの爪は紙みたいに柔らかいのでハサミでカットする)
  • ベビー用体温計(健診や予防注射のたびに測るので必須)

産後必要に応じて買い足すもの

家の状況や赤ちゃんによって必要あるなしが変わるものまとめ。


産後サポーター・産後ショーツ
正直赤ちゃんの世話でそれどころではないですが、骨盤の位置を調整したり子宮の回復を助けてくれたりママの体調回復に役立ちます。

出産の状況によっては痛みが続いたりもするので、産後の様子をみて可能なら産後2週間後くらいから使ってみるといいかも。


ベビーベッド
なくても大丈夫の代表格。我が家はペットがいて赤ちゃんとの接触を調整したかったので使っていましたが、そういう事情がなければベッドは必要ないかな・・・


哺乳瓶
哺乳瓶は完全母乳なのか混合なのかミルクなのかによっても違いますが、何より赤ちゃんによって哺乳瓶の乳首の好みが違います!

そのため産院で使っている哺乳瓶の乳首は赤ちゃんが嫌がらなかったか、嫌がらなかったならそれを買う!と言うようにした方が無駄がないんですね。

タチャンはピジョンさんの哺乳瓶拒否で、ニップルのシリコン性乳首だと飲んでくれました。


ベビーカー
赤ちゃんとの生活スタイルによって、ベビーカーの方が楽なのか抱っこ紐の方が楽なのかが全く違います。

だから産前から必須と思って買う必要は全く無くて、赤ちゃんと出て歩けるようになる産後1ヶ月ころを目処に考えてもいいんじゃないかなぁ・・・ベビーカーは高いお買い物なので;;

家にあるもので代用できるもの

授乳クッション≒クッション・まくら
座った状態で膝と赤ちゃんを支える腕の間に挟んで使うので、クッションや枕でも十分代用可能という感じ。

もしどうしても授乳がしずらい、慣れない、授乳がしんどいなどになってから買っても大丈夫。

わたしは抱きまくらにもなる授乳枕を買っていたのですが、抱きまくらになるタイプは厚みが足りないし、腰にスポットはめられないので正直授乳クッションとしては活用できませんでした。


ベビーバス≒洗面台・桶
ベビーバスは当然買うものと思っていたのですが、洗面台や桶で代用可能。

実はベビーバスを使うのは最初の1ヶ月だけで、その後は大人と一緒に湯船に入れるようになるので買わずに済むならその方が経済的です!


紙おむつ用ゴミ箱≒フタ付きゴミ箱(orゴミ袋)
紙おむつ用のゴミ箱はフタ付きのゴミ箱でも十分。またはゴミ袋に入れて毎回ギュッと縛ってトイレやベランダに保管してこまめに捨てちゃいましょう。


湯温計≒給湯器の温度設定
給湯器で温度設定ができるなら赤ちゃんの気持ちいい37度〜38度でお湯を溜めればOK。


おくるみ≒ブランケット・バスタオル
病院からの退院準備リストでおくるみとありますが、つまりは赤ちゃんを包むものなのでブランケットやバスタオルで代用できます(まぁ退院の時の見栄えはありますが・・・)。

ブランケットでもバスタオルでも、柔らかくゴワゴワしないものにしましょう。

寝かしつけの時の毛布代わりにも使えるので、我が家はフランフランのブランケットを愛用してました。

ゆうちき
とっても柔らかくて、友だちの出産祝いでもあげました!

ベビー布団≒大人布団・座布団
ベビー布団はベビーベッドを使う場合には用意しますが、赤ちゃんと一緒に普段寝るのであれば大人布団の横で大丈夫。掛け布団だけ赤ちゃんの顔にかからないように注意しましょう!

ベビーベッドも座布団とブランケットでもいけます。(赤ちゃんって最初50センチしかないので!)


スタイ(よだれかけ)≒ハンドタオル・ガーゼ
赤ちゃんによってよだれの量も違うので、最初から準備しても使わない可能性もあり・・・でも付けると可愛いので、ファッションの一種として余裕があればオススメ。

お祝いでもらう率もナンバーワンでした!


清浄綿≒必要なしorおしり拭き

清浄綿とは?
コットンに薄い消毒液を染み込ませて滅菌処理し、個別包装されたもの。出産準備品の必需品とされることが多いけど・・・

清浄綿の使い道として一般的なのは授乳の前におっぱいを拭いてキレイにしてから赤ちゃんにあげるというものです。

しかし最近ではお母さんのおっぱいの菌や汗も赤ちゃんの免疫のために必要なものという考え方があって、清浄綿で拭かずに授乳すると教える産院があります(わたしが産んだところがそうでした)。

これは病院ごとの指導によって異なるので、買う前に病院で確認した方がベターです!


マザーバック≒トートバック
「マザーバック」というネーミングだからといって実は特別なことはないんですよね・・・

  • とにかく大きい(新生児のころはひたすら荷物が多い)
  • 素材自体が軽い
  • 肩紐が長めで肩からかけやすい
  • できればカバンの上が閉まる(赤ちゃんに気を取られてカバンから気がそれやすい)
  • 中ポケットが1つは付いてる(鍵や携帯、財布などがわかりやすいように)

このくらいの条件が揃っていれば「マザーバック」でなくても、自分が持っているトートバックでも大丈夫。

そもそも「マザーバック」と銘打っているものでも、上の条件をすべて満たすものはそんなに見なかったり、高かったり・・・

まとめ

とにかく1人目の時に感じた「これなくても平気だったな」とか「これ便利だった!」という気持ちを全て詰め込んでみました〜。

ゆうちき
妊娠出産って初めてのことばかりで、わからないことが多すぎる!

少しでもこれから出産準備をする人の役に立てると嬉しいです!

では、また。

スポンサーリンク

出産準備リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です