結婚式に参加するたび、自分の『結婚』に立ち返る

スポンサーリンク

週末はパパさんの兄弟の結婚式に参加してきました。
身内とごく仲いい友だちだけで開かれた小さな小さな結婚式

タチャンは2回目の結婚式参加でした。

fab0bece

式の最中はグズグズもせず、ちゃんと座っていられました。

結婚式では定番のケーキ入刀→ファーストバイトの流れの後、初めて「サンクスバイト」というイベントにも参加!

参加者への感謝の気持ちを込めて、新郎新婦からケーキを食べさせてもらうというイベントでした。

1904f534

小さな結婚式ならではで、可愛らしくていいなーとわたしの中の結婚式オススメイベントとなりました笑

タチャンもアーンしてもらったので、緊張で固まったしまっていました・・・

52d6c5cd

退場の時、ピンぼけしてしまったのがかえって雰囲気が出て良い感じになりました。

結婚式に参加して自分の「結婚」を考える

わたしはタチャンの妊娠の関係で予定していた結婚式をせず、ウェディングフォトだけ撮りました。

だから他の人の結婚式に参加すると、お祝いの言葉を聞き、参加者の表情を見て、自分たちの結婚もこうやって祝ってくれた人がいたんだと、自分たちの結婚に立ち返ります。

結婚式をしなかったので、一度にまとめてお祝いをしてもらう機会がなかったんですね。

ちゃんと個別にはお祝いの言葉ももらったし、わかってるんですが、「結婚を祝ってもらった時」としてパッと出てくる強いイメージの時はあった方がいいなぁと思います。

結婚式をすると離婚率が低くなるというのは、なんとなく納得です。

今回の結婚式で結婚式場のスタッフさんからのお祝いの言葉があったんですが(初めてそのようなサービスも見た!)、その言葉を聞きながらそんなことを考えてました。

では、また!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です