グリンデルバルドとは?ハリーポッターシリーズでの設定、ファンタビでの配役、今後の重要度まとめ

スポンサーリンク

こんにちは!元気、のんき、陽気なママブロガーゆうちきです。

映画ハリーポッターシリーズ最新作「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」にハマり、この冬はハリポタ熱が再燃しています。

今回はファンタスティックビーストシリーズで重要なキャラクターとなるであろう、「ゲラート・グリンデルバルド」の情報を前作ハリーポッターシリーズから今作のファンタビまでまとめてみました。

ハリーポッターシリーズでの「グリンデルバルド」設定振り返り

ハリーポッターシリーズにおいても重要な役割を担っていた「グリンデルバルド」。

ゲラート・グリンデルバルド1882年1998年)とは、闇の魔法使いの中でヴォルデモート卿の次に強力であると言われた者である。彼はダームストラング専門学校に通っていたが16歳の頃退学処分を受けた。グリンデルバルドは夏に大おばバチルダ・バグショットが住むゴドリックの谷を訪れ、そこでアルバス・ダンブルドアと親交を結んだ。ふたりは死の秘宝の探索に夢中になり、死を制する者となって魔法革命を起こし、国際魔法使い連盟機密保持法を廃止し、マグルを支配して賢く強い魔法使いが率いる世界を夢に見た。しかし、彼とアルバス、弟のアバーフォース・ダンブルドアの間で決闘が起こり、妹のアリアナ・ダンブルドアが死亡するとふたりの友情は壊れた。

引用元:Harry Potter Wiki

ダンブルドアの過去につながる重要な人物だった

ダンブルドアの妹「アリアナ・ダンブルドア」の死の原因となった人物として、「死の秘宝 Part1」に登場しています。ヴォルデモートに次ぐ強力な闇の魔法使いであり、謎の多いダンブルドアの過去につながる重要な人物です。

グリンデルバルド

ダンブルドアと友情を築いた青年期を「ジェイミー・キャンベル・バウアー」が演じています(本編ではほぼ写真だけの登場)。

死の秘宝である「ニワトコの杖」を持ち、ヴォルデモートに次ぐ強力な闇の魔法使いに

闇の魔法使いとして力をつけたグリンデルバルドは杖作りのグレゴロビッチから死の秘宝である「ニワトコの杖」を奪い、さらなる力を持ちました。

その後ダンブルドアとの決闘に負け、反逆者を閉じ込めておくために作ったヌルメンガードの独房にグリンデルバルド自らが入ることとなったという・・・

晩年のグリンデルバルド

そして映画「死の秘宝」シリーズでニワトコの杖を狙ったヴォルデモート卿がヌルメンガードに現れ、杖を奪っていくんですね。晩年のグリンデルバルド役は「マイケル・バーン」が演じています。

ファンタスティックビーストでのグリンデルバルド

さてファンタビではオープニングそうそう新聞にグリンデルバルド関係の記事が取り上げられる演出。

「これは今回のシリーズのキーマンか?」という雰囲気満載でしたね!

前作で聞いたことがある名前なだけに、映画を見ている最中は「誰だっけ、絶対重要な役割で出たはず。誰だっけ・・・」ともやもやしてしまいました。

そして最後の最後にグリンデルバルド登場!

グリンデルバルド

主人公のニュートに暴露呪文をされたグレイブス(今回の悪役)がグリンデルバルドとして本当の姿を表しました。

そして!そのグリンデルバルドを演じているのがジョニーデップなんですね!

ゆうちき
まさかジョニーデップ来ちゃったかぁ!

とかなりテンション上がりました。

だってこの終わり間際にちょこっと出ただけでこの大物が終わるわけないんですから、これからシリーズでの重要度が伺えますよね!

ニュートに敵対する雰囲気(というか、ニュートが目をつけられた?)ありありで今後の展開が楽しみすぎます・・・

ファンタスティックビーストは第5弾までシリーズが続くと公表されているので、次回作からのジョニーデップ演じるグリンデルバルドとニュートの対決が見逃せません!

関連リンク

面白かったファンタビ情報のページをご紹介!

ゲラート・グリンデルバルドって知ってる?【ファンタビでジョニー・デップが演じる!】
気が早い?2018年公開予定のファンタスティック・ビースト続編についてまとめてみた!(※随時追記予定) – あいむあらいぶ

ゲラート・グリンデルバルド | Harry Potter Wiki | Fandom powered by Wikia
→ハリポタWikiさんはかなり情報が詳しいので、時系列に沿ってグリンデルバルドの情報を知るのに最適です!JKローリングさんが語った裏設定なども載ってます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です