料理が苦手

ママのための時短術

1日中ご飯の献立考える呪いにかかった料理嫌いのための打開策【主婦向け】

投稿日:

元気、のんき、陽気なママブロガーゆうちきです。

主婦をするようになってから家事の中で料理が一番キライで「ああ、また今日もご飯考えなきゃ・・・」と憂鬱になるのですが、最近少しマシだと思えるようになりました。

意外と周りの主婦仲間にも「料理が嫌い、苦手」という人がいたので、料理を作るのが少しマシと思えるようになったポイントを考えてみました。

毎日献立考えるのに苦悩していて料理嫌いになっちゃって、とにかく料理大嫌い!という人の打開策なのであしからず。あくまで「まぁ不味くはないし、家族からも文句は言われない料理ができる」というレベル!

とにかく料理のここが嫌い!

料理が嫌いな理由は結構あって、

[aside type="boader"]

  • 野菜とか肉を切っていると手が臭う(石鹸で洗ってもなんとなく残る)
  • 自分が作った料理を美味しいと思えない(人が作ってくれたごはんが好き)
  • 献立を考えるのが苦手、めんどくさい
  • レシピ通りに作っても美味しくないことがあるのが嫌(じゃがいも1このサイズって個体差あるよね?)

[/aside]

こんなところが料理の嫌いな点でした。

でも心のどこかで「ちゃんと料理が得意なママになりたい」という気持ちはあって、だからこそ料理をするたびに上手に出来ない、料理を楽しいと思えない自分に罪悪感というかモヤモヤがあったのです。

これで『最強のママ』になれる!目標達成シートを作ってみた
⇒この記事で書いたように、今でも「料理上手になる」は目標

それで料理苦手を改善するべく、ちまちまと試してみたことをご紹介します。

自分の食べたい物を作る

自分で作るんだから当たり前じゃない?と思うところですが、これは「献立を考えるのが苦手、めんどくさい」への対策です。

[aside type="boader"]

  • 冷蔵庫にある材料で出来るものはなんだろ?
  • 昨日はお肉だったから、今日は魚がいいかな
  • これだと野菜が足りないかな、栄養は大丈夫かな?

[/aside]

などなど考え出すとキリがなく、自分の好きなモノ・食べたいモノを作るっていうのは自分でOK出しておかないと出来ないですよね。

「良いんだぞ、自分で作るんだから自分で食べたいものを作っちゃえよ」と頭のなかに置いておくと「献立を考える」ことへのめんどくささが少し減ります。

調味料をいいモノにする

「自分が作ったものを美味しく感じない」の対策として有効です。

「料理がうまい」と言ってもその要素って多岐に渡っていて、簡単には料理が上手くはなれないけど、調味料さえいいもの使えばだいたい料理は美味しくなる!

我が家で変えた調味料は、

[aside type="boader"]

  • 醤油
  • 味噌
  • みりん
  • 料理酒
  • 中華調味料

[/aside]

くらいかな?特に料理への影響を感じたのは醤油と味噌

どの程度のレベルで変えたのかというと、以前はスーパーの最安値のものを買っていた(スーパーのプライベートブランド等)ところを、そのスーパーでまぁまぁ最上位値段のものに変えるくらいです。

別にこだわってオーガニックにするとか、限定のものを使うとかそういうレベルではなく、ちょっといいものにするだけ!だって上を考えるとキリがないし、そもそも選び方もよくわからないから「そのスーパーの最上位」っていう適当さで選んでます。

で、買ってみて好きな味だったら継続して、あんまり好きな味じゃなかったらまた違う種類を買ってみたり。

値段が高ければ美味しいというわけじゃないかもしれないんですが、正直本当に選び方がわからないド素人用の強攻策です。

手順とか美味しくなる作り方とかは細かいことは気にしない

例えば気にしがちなのが、

[aside type="boader"]

  • 調味料を入れる順番(料理のさしすせそ?)
  • 野菜の切り方
  • 肉の下味とか
  • 魚の焼き方とか

[/aside]

ぱっと思いつくところでこういう部分。正直良くわからない!

考え出すと「あれ、みりんってさしすせそにないな・・・」とか「乱切りとぶつ切りって同じじゃないの?」とか「下味も付けてメインの味も付けたら濃くならない?」とか、「とにかく難しい」=「料理めんどくさい」ってなっちゃうのであきらめました!

煮物も味付けのタイミングとか考えると全部レシピみながら逐一やらなきゃいけなくなるから、調味料も全部圧力鍋に入れて煮ちゃうよ。

献立全体で同じ味付けのもの(醤油メイン、味噌メイン)とかがかぶらなければOKラインということにしています。

切り方は何切りじゃなきゃいけないとかじゃなくて、だいたい大きさが揃っていれば火の通り方が同じになるはずだからOKとか・・・(と言っても上手には切れない)

めんどくさい時はトコトン手抜きする

これだけ手抜きして料理しててもやっぱりめんどくさい時は必ずある。そんな時の鉄板献立があると心の支えになりますよ!

我が家の手抜き鉄板献立は、

[aside type="boader"]

  • カレー
  • 親子丼(豚肉で他人丼の時もあり)
  • 冷凍の餃子
  • 麻婆豆腐(パパさんが大好き)

[/aside]

この手抜きメニューのための材料は常備するようにしていて、「あー、今日は何も考えたくない」って日はこの中から作っちゃいます。

特に冷凍餃子は最強で、スープにしたり揚げたり応用も出来るのが心強いのです。我が家では餃子の王将の冷凍餃子を買うことが多いです。

たまに自分のレパートリーに全くないものを作ってみる

そもそも料理が苦手なのでレパートリーがかなり少ないのですが、レシピを検索したり雑誌に載っているものを作ったりして新しいレシピを作ってみます。

そうすると「意外とこの味付け好きだな」とか「この食材とこの食材の組み合わせもありなんだ」とか新しい気付きがあって、その後献立を考える時の助けになってくれるのです。

食材宅配のヨシケイもオススメで、材料すべて揃えてレシピ付きで配達してくれるので、あとは作るだけ!

自分ではなかなか作らないようなレシピが多いので参考になります。1食あたり300円なので下手に自分で考えるよりお得!

料理嫌い、苦手な自分を受け入れたら楽になったよ!

なんとなく「料理は出来た方がいい」という想いがあって、毎日ちゃんとしなきゃ、美味しいもの作らなきゃって考えて余計料理が負担になっていたのです。

しかししかし、苦手なものは苦手!わたしは料理が嫌いだし、下手なんだ!と受け入れてみて、ハードルをぐーんと下げて、まずは作ることに苦手意識とか嫌悪感をなくしていくよう努力中です。

主婦になったから、母になったからと言って急に上手にはなれないし、好きにもなれない。

長男のタチャンが小学生、中学生の食べ盛り時期までに上達することを目標に頑張っていきます〜。

  • この記事を書いた人
ゆうちき

ゆうちき

2児の育児をしながら『大変なことも楽しく』をコンセプトにブログ運営中。好きなモノはコーヒー牛乳とK-POP。

-ママのための時短術
-

Copyright© 気ままにママぁ , 2017 All Rights Reserved.