韓国好き

韓国語のなんちゃってスピードラーニングが効果を発揮した話

語学学習のメソッド「スピードラーニング」をご存知でしょうか?

学習の方法としては英語と日本語を交互に聞くだけで英語がわかるようになるというものなんですが、

聞くだけで話せるようになるなんてことある?

って思ってたけど、それの韓国語版のようなことが起きました!(スピードラーニングはやってないのですが・・・笑)

その韓国語を知らず知らずに覚えていた方法をご紹介します。

1日3本の韓国ドラマを見ていた(約3時間)

子どもができてから半年間くらい、1日3本ほど韓国ドラマを見てたんですよね。

自由になる時間はいつも同じじゃないので録画して、息子が寝ている時とか起きて遊んでる時とか。

その頃見てたのは、

  • オーロラ姫
  • 天使の罠 
  • 二人の女の部屋
  • 輝いてスングム
  • 相続者たち

などでした!

我が家はBSが見れるので、だいたいどこの時間帯でもなにかしら韓国ドラマってやってるんですよね・・・笑

突然発揮されたスピードラーニング的効果

さて、韓国ドラマを見続けて半年ほど経ったころに日本デビューしたばっかりの「Apink」さんのファンミーティングに参加しました。

ライブもありつつメンバーのトークがたくさんある内容だったのですが、最後の挨拶でファンの声援を受けてメンバーの何人かが涙ぐんだんですよね。

それを見てわたしも感極まってしまい、突然、

うるじませよー! (泣かないでー!)

と絶叫してしまったんです!

自分でもびっくりして、叫んだ後「え?え?」と言ってました笑

今考えるとすごく初歩的な、K-popファンだと結構みんな知ってる言葉なんですが、別に勉強していたわけでもなく、考えられるのは毎日見ていた韓国ドラマ。

しかも韓国語をしゃべろうと思ったわけではなく、とっさに出た言葉だったので効果はかなり実感できました。 

なんだ!毎日見てたら言葉とか発音とか結構わかるようになるんだ!っていう自信にもなって、そこから少しずつ韓国語の勉強もしてたりします。

大事なのはなんとなくでも毎日ということ

スピードラーニング的に覚えたい言語と日本語が交互(ないし同時)に聞こえている(見えている) というのももちろん重要なのかもと思いますが、一番はほぼ毎日聴いていたってことじゃないかなと。

毎日聴いていることで頭が韓国語に慣れていったんじゃないかな?

そういえばドラマを見ている時も、字幕を見ながら「これ意訳だなー」とか思っていたので、本当に自然と馴染んでいった感じです。 

最近は前ほど韓国ドラマ見れてないけど、それでも少しずつ韓国語の勉強は続けていきたいなぁと思ってます^^

そして2016年は韓国旅行に行くぞ!

2019年のことを追記

この記事を書いてから4年が経ちましたが、その後もほそぼそと韓国語を勉強して、

  • ファンミーティングなどでアイドルが話している言葉の意味がなんとなくわかる
  • 韓国人の友達ができた!
  • 歌詞が聴き取れる
  • 韓国語でアプリを使いながらでもやり取りできる

という感じになりました。

なんのために韓国語がわかるようになりたかったかと言うと、大好きなK-POPアイドルの言っていることがわかるようになりたかったからなので、自分ではそうとう満足しています。

まだ自分ではあまり話せないし、わからない単語も山程あるけど、それでも少しずつ上達しているんだなと記事を読み返して思いました。

韓国人の友達が日本に遊びに来てくれて、つたない韓国語と日本語で話ができたのも嬉しかったです。

では、また!

ABOUT ME
ゆうちき
2児の育児をしながら『大変なことも楽しく』をコンセプトにブログ運営中。好きなモノはコーヒー牛乳とK-POP。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です