子連れ映画館レポ!1歳10ヶ月息子と『ママズクラブシアター』でドキドキ映画初体験

スポンサーリンク

先日1歳10ヶ月の息子と映画館デビューしてきました!

子どもが生まれてからもっぱらお家映画でしたが、息子のタチャンが予告編に大ハマリだった『ペット』がママズシアタークラブで上映されるということで劇場に行ってきました。

今回行ったのは「TOHOシネマズ ひたちなか」です。

結果として、子どもにとってはまだ早いかな?大人の方はいい気分転換!な映画鑑賞となりました。

ママズクラブシアターとは?

ママズクラブシアター』とはTOHOシネマズが実施しているもので、小さな子どもを連れても気兼ねなく楽しむことが出来る映画です。

  • 子連れ限定なので、子どもが騒いでもお互い様(赤ちゃんが泣いてもあやせばOK)
  • 劇場内は子どものために少し明るめの証明
  • 月に1〜2回、劇場ごとに毎月異なるスケジュールで上映
  • 上映作品は子供向け〜大人が楽しめる話題作まで
  • 入場料は通常の映画と同じ(3歳未満の子どもは無料)

という感じ。

上映作品の数は異なりますが、全国のTOHOシネマズの劇場で実施されています。

赤ちゃんと一緒だといつ泣き出すかわからない・・・小さい子だと映画の上映中じっとしていられるかな?という心配がありますががママズシアターなら大丈夫!

だってみんな子どもと一緒に、泣いても騒いでも立ち歩いてもお互い様という気持ちで来ているから安心なのです。

上映作品は完全子ども向けから大人が楽しめるものまで多数!

「子連れ専用なら子供向け映画しか見れないんじゃないの?と思いますが、実は大人向け映画のラインナップもたくさん!

参考に2016年9月の上映作品はこんな感じです。

  • ペット
  • ファイティングドリー
  • シン・ゴジラ(大人向け)
  • 青空エール(大人向け)
  • ルドルフとイッパイアッテナ
  • 君の名は。
  • 後妻業の女(大人向け)
  • 超高速!参勤交代 リターンズ(大人向け)
  • BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(ちょっと大人向け)
  • レッドタートル ある島の物語(大人向け)

半分以上が大人向けの映画、それ以外も大人も楽しめるラインナップとなっています。

子どもがまだ小さく普通の映画に行けない時ママやパパが自分の息抜きとして、大人向け映画を楽しむ。

子ども自身が映画を楽しめる月齢、年齢になってから子供向け映画を楽しむ。

色々な楽しみ方が出来そうです!

上映作品は下記のページから毎月20日前後に翌月分のスケジュールが更新されます。
ママズクラブシアター公式ページ

!注意!
詳しい上映時間は各上映作品の上映劇場名から確認することが出来ます。上映日が近くならないと「上映時間未定」の場合があるのでこまめなチェックが必要かも!

ママズシアターは予約制?混雑具合、料金、事前準備は?

IMG_1471

ママズシアターは予約が出来ない!

ママズクラブシアターはオンライン予約に対応していないので、チケットは当日劇場で購入します。

また機械を使っての発券が出来なかったので、スタッフさんが対応してくれるカウンターでチケット購入!

予約が出来ないのは不便だなと思いましたが、事前にチケットを予約しないと見れないというほど混雑するわけではないのでそれほど問題ないのかなという感じでした。

混雑状況

今回は平日で、茨城ひたちなかファッションクルーズのTOHOシネマズの場合ですが全く混雑していませんでした!笑

劇場は386席ある一番大きな「スクリーン5」でしたが、座席は1割程度埋まっている状態。

当日はバタバタしてしまって上映開始時間の5分前に到着、チケットを買って入場出来たのは予告やコマーシャルが始まる直前でした。他にもそんな人は複数いました。

座席で気にするとすれば、通路側で隣に余裕(できれば2,3席)のある席をスタッフさんにお願いすると良さそうです。前後もいないと尚良。

意外と荷物の出し入れでもスペースを使うし、子どもがちょっと立ち歩いても動きやすいように通路側です。

自分が座席を決めた後に周りの席が埋まったら仕方ないですが、それほど混雑していない状態ならスタッフさんも気を使って1組1組をバラバラにしてくれるようです。

料金

映画の料金は通常の鑑賞料と同じです。作品によっては2歳以上は料金がかかる場合もありますが、基本は3歳未満は無料

ママズシアターはレディースデー、映画の日などの料金が安くなる日に実施されることは少ない(ほぼない)ので大人は基本1,800円となります。

我が家の事前準備

事前準備というほどではありませんが、時間を少しでも持たせるため飲み物とポップコーンを買って入りました。これが良かった!

開始から1時間ほどはこの飲み物とポップコーンのおかげで席に座っていてくれました。

最後の30分はやっぱり飽きてしまって「行こっか」と帰ることを促されてしまったのですが・・・笑

鑑賞中は自分の子で精一杯!周りはほとんど気にならない

映画に行く前から「タチャンはじっと映画を見ていられるかな?」というのが気がかりでした。

映画が始まってみると、ちょこちょこ大きい声を出す子がいたりしましたがタチャンも「わんわん!にゃんにゃん!」と声を出したり、周りも同じ感じ。

立って歩いている子もいましたが、周りの人は気にしていない様子。

いつ我が子も立って歩くかわからないので、他の子を気にする余裕はないのです!

赤ちゃん連れのお母さんもあやしながら見ているので、自分の子どもに集中しているように感じました。

2歳前の子どもに映画の1時間半はなかなか厳しい!(まとめ)

予想通りではありましたが、1時間半じっとしているというのは難しい!

もともとタチャンが熱中していた『ペット』ですが、始めは楽しんで観ていたタチャンもだんだん周りに気が散ってしまって・・・

一番のクライマックスを劇場の階段を昇り降りしながらの鑑賞となりました;;

なんとなく予想はできていたものの、大人の都合に付きあわせてしまったかな?とちょっと反省。

しかし映画が終わった後に「わんわんいたねー!可愛かったよねー!」とテンション高く話していたので一安心しました^^

もう少し「物語を楽しむ」というのに慣れてから、また映画に挑戦してみたいと思います。

では、また!


ママズクラブシアター情報まとめ

TOHOシネマズ公式サイト:https://www.tohotheater.jp/
ママズクラブシアター:https://www.tohotheater.jp/service/mamas_club_theater/

最新のママズクラブシアター上映作品情報などはこちら!
ママズクラブシアターTwitterアカウント:https://twitter.com/tohocinemamas

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です