自宅の場所が知られてる!?サイト上の写真位置情報はEXIF Viewerで確認しよう

スポンサーリンク

ブログやSNSに載せている写真、皆さん「位置情報」はどうしていますか?

スマートフォンやデジタルカメラで撮影した写真には、「位置情報」と呼ばれるその写真が撮影された場所の情報が記録される場合があります。

この「位置情報」を記録する設定をした状態で写真を撮影し、その写真をネット上にアップロードすると、そこから撮影場所を特定出来るんです。

例えば自宅や近所の公園で撮影した写真をTwitterに上げたら、その写真からあなたの住所が特定されてしまうということもありえるのです。怖い!

さて今回はこの一度アップロードしてしまった写真」には位置情報が登録されているのか?はたまたきちんと削除されている(登録されていない)ものなのかを一瞬でチェックする方法をご紹介します。

その方法はChrome拡張機能『EXIF Viewer』を使います。

最初は簡単な設定が必要ですが、一度やってしまえば「あれ、これ大丈夫かな?」と心配になった時すぐ確認できるのでぜひやってみてください!

※これはパソコンでのチェック方法なので、スマホからご覧の方はパソコンで試してみてくださいね

この写真は大丈夫?マウスを重ねるだけでわかる『EXIF Viewer』設定方法

ブログに写真をアップする時、自宅の写真だったりすると「位置情報は大丈夫かな?」と心配になります。

普段使っているiPhoneやデジタルカメラの位置情報サービスの設定はしているはずだけど、本当に大丈夫なのかな?設定ミスはないかな?と不安になったり(わたしはあまり機械が得意というわけではないので・・・)。

そんな時はChrome拡張機能『EXIF Viewer』を使えば、一瞬で位置情報を確認することが出来るんです。

この拡張機能を使えばブログなどのウェブページにある写真にマウスのカーソルを重ねるだけで、その写真に登録されている「Exif情報」をチェック出来ます。

【Exif情報】とは
デジカメ(デジタルカメラ)で撮影した写真には、通常Exif(イグジフ)情報と言う付加情報がついています。 撮影したカメラのメーカー、機種、撮影日時、画像方向、ISO感度、光源、フラッシュ、画像圧縮率、位置情報など様々な情報が含まれています。

引用元:Exif情報閲覧・編集ソフトとは

今回はこの「Exif情報」の中でも特に「位置情報」に注目して話を進めていきます。

まずはGoogle Chromeをダウンロード

Google Chrome」とはインターネットブラウザで、Windowsのパソコンで最初に入っているInternetExplorerなどの仲間ですね。

Google Chrome」を既に使っている人はもちろん準備OKなのですが、使ったことがない人はとっても簡単なのでインストールしてみてください。

普通にインターネットサーフィンしたり、Youtubeの動画を見るだけでもInternetExplorerより早いのでオススメです。

Google Chrome

次に拡張機能『EXIF Viewer』を追加。そして準備完了!

続いてGoogle Chromeに『EXIF Viewer』を追加します。Google Chromeで「EXIF Viewer」を検索、またはこのブログからリンクをクリックしてください。

スクリーンショット 2016-05-15 21.51.12
そうするとこんな画面が出るので、右上の「CHROMEに追加」というボタンをクリックします。

スクリーンショット 2016-05-15 21.54.30
確認画面が出るので「拡張機能を追加」をクリック。

スクリーンショット 2016-05-15 21.51.12
この画面で右上が「GHROMEに追加済み」となったら完了です。

スクリーンショット 2016-05-15 21.57.09
右上に「Exif」と書いたグレーのアイコンが追加されています。

もし追加されない場合はGoogle Chromeを全部閉じて、再度立ち上げて見てください。

マウスを重ねるだけで「位置情報」の有無を確認!

EXIF Viewer』の設定が完了したら、あとは確認したい写真にマウスを重ねるだけです。

スクリーンショット 2016-05-15 17.56.29
このようにマウス(矢印)を写真に重ねると、写真の左上に「Exifデータなし」と表示されます。

これでこの写真の情報は安全です。自宅住所公開!なんてことになっていなくて一安心。

実はあぶない!「instagram」で撮影、加工した写真

わたしがやってしまっていたのがコレなのです・・・

iPhoneで基本の「カメラ」の位置情報はオフにしていたのですが、「instagram」では行った場所のタグ付け(チェックイン)などで使っていたため位置情報機能をオンにしたまま使ってしまっていました。

そして「instagram」はフィルタの種類が多く、加工が簡単で可愛くできるので「instagram」で撮影していない写真の加工もしていたのです。

そのため加工した写真はExif情報が含まれたままアップロードしていたという恐怖体験が・・・

意外な落とし穴なので、みなさんご注意ください><

「instagram」などの写真アプリを使用する場合は、

  • アプリの位置情報をオフに設定する
  • 「instagram」を使った写真は位置情報削除アプリなどで削除する
  • EXIF Viewer』などの位置情報確認アプリ、拡張機能でチェックする

念のため、以上をしておくと安全だと思われます。

もし位置情報が含まれていたら

EXIF Viewer』で確認してみたところ位置情報が含まれていた!こんな時はアプリを使ってすぐに位置情報を削除しましょう。

位置情報付きで写真を公開してしまった間のことはもう仕方ありません・・・

とにかく一刻も早く、位置情報を削除して写真を差し替えましょう。

位置情報の削除はいろいろなアプリが出ているので、自分が使いやすいものを探して見るのがいいですが、わたしが使っているものをご紹介します。

↑位置情報の確認と削除が一緒に出来るアプリ。いくつかの写真を一斉に削除するのには向かない。

↑複数の写真の位置情報をまとめて削除したい時に便利。削除時間もあまりかからない。

まとめ

わたしは今まで「PhotoCheck – 写真の位置・場所を確認&除去 – UBIK APP.PROJECT」というアプリを使って位置情報を確認していたのですが、一度インターネット上にアップロードしてしまったものを確認したいということが多かったので、この『EXIF Viewer』を使い始めました。

ブログをやっていると位置情報は気になりますよね・・・

自分が持っているデータの情報を確認するには「PhotoCheck」などの位置情報チェックアプリも便利なのですが、加工前加工後で「Exifデータ」が変わっていたりすると、もうどの写真をブログにアップしたのかも見ただけではわからなくなってしまっていたのです。

ぜひ普段からネット上に写真を投稿することが多い人は、一度確認してみてください!

では、また。

リンクまとめ

Google Chrome
EXIF Viewer

【位置情報削除アプリ】
PhotoCheck – 写真の位置・場所を確認&除去 – UBIK APP.PROJECT
GPS Deloger – 気になる位置情報をまとめて簡単削除 –

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です